服用育毛剤フィナステリドの効果

フィナステリドは前立腺肥大症治療のために使われていた薬で、投与された患者に毛髪の量が増えたという症状が現れたことからAGA対策のために研究が進められました。

 

そしてプロペシアという商品が医師の処方する内服AGA治療薬として、世界で認められることになったのです。

 

これが発表された後瞬く間に世界中でヒットをし、世界で60カ国以上で使用されています。

 

日本でも臨床試験が開始されて2005年から国内で手に入るようになりました。

 

フィナステリドの効果は脱毛の抑制です。

 

内服することで5αリダクターゼの働きを抑えることができ、これによって髪の毛の成長を妨げてしまう5αDHTが作られるのを阻止します。

 

5αDHTが働いてしまうと髪の毛が成長を止めてしまい退行期や休止期に入ってしまうため、充分に育ちきるその前に髪が抜け落ちてしまうのです。

 

フィナステリドを服用することで髪の毛の成長期が長くなって、休止期の毛穴からも新しい毛が育ちやすくなります。

 

きちんとした臨床試験データがあるからこそ、国内でも販売が開始された育毛剤です。

 

フィナステリドというのは自信を持って育毛効果のある成分であるといえるでしょう。

 

フィナステリドの薄毛の進行を妨げて新しい毛を育てる効果は、ほぼ全ての人に見込めるもので、心強い育毛剤となるはずです。

育毛剤とAGA治療薬を併用する

 

男性にハゲる人が多いのは根本的な要因があります。

 

それは、男性らしさに必要となる男性ホルモンは、ある程度の年齢になると頭皮に栄養分が届かないように抑制してしまう症状が出てしまいます。

 

特定の酵素が働いて、薄毛の要因となる成分が作られてしまいますが、この状態を抑制していかないと薄毛はいつまでも改善出来ません。

 

そして、このAGA治療薬を使用する時には、発毛効果を高めるためのより効果の高い育毛剤が必要となってきます。

 

最近話題になっているミノキシジルの育毛剤は、塗布するだけでもかなりの効果が期待できるのですが、更に体内に多くの成分を吸収させるためにタブレットタイプで飲む育毛剤が効果的です。

 

このAGA治療に必要となる、フィナステリドの医薬品と、ミノキシジルのタブレットタイプを併用する方法は、男性の薄毛を改善する対策としてベストな選択となっています。

 

様々な育毛剤を使ってみて、思うような結果が得られていない場合は、次々と新製品の育毛剤を使い続けるのではなくAGA治療の医薬品等を使用してみることが良い選択となるはずです。

 

現在の薄毛対策の治療プランから大きく内容を変えていかないと、なかなか良い結果には結びつきません。

 

薄毛対策は早めに対策をしないとどんどん髪の毛が得てしまうのです。